豊島区・池袋の税理士、会計事務所 起業・会社経営のご相談は、ながいいたる税理士事務所へ
  相談無料、随時OK!
 03-5952-0313
メールでのお問合せはこちらから 
「ながい事務所です」と電話に出たら、「ホームページを見て」とお伝えください。随時ご相談承ります。

認定経営革新等支援機関
ながい いたる税理士事務所
東京都豊島区東池袋1-17-3-706 (ヤマダ電機から1分

税理士 永 井 格(いたる)
事務長
山川 健次

豊島区・池袋で会計事務所をお探しならながいいたる税理士事務所へ


 起業、会社設立から経営に関するご相談まで、税務や会計ばかりでなくどのようなご相談にも幅広く対応しています。
毎月多くのご質問が寄せられています。
ご相談は無料で随時OK!是非お電話ください。 03-5952-0313 
     Q&A





税理士へ!






代表者ごあいさつ

お客様へのメッセージ

事務所のご案内

事務所のご案内

アクセスマップ

お問い合わせ


起業する皆様へ
推薦します!
助成金のプロ
 

WIN社会保険労務士事務所

社労士 加藤香佳子




業務のご案内


毎月の経理と決算

各種申告書の作成

経営改善計画書作成

税務調査対策

セカンドオピニオン



給与計算業務

社会保険業務

税務情報の提供

債権回収など経営相談
NEWS
起業と経営に役立つ、最新の情報をお届けします。
これまでのNEWS一覧

   代表のプロフィール
 Tube
相談無料、随時OK
03-5952-0313
 電話でのご相談も歓迎。
  お気軽にお問Iい合せ下さい。
  ご面談の場合は、次の日程で
  お受けさせていただきます。
   カレンダーの
印がご面談日
  です。


メールでのお問い合せ

Tube
      最近の記事
 決算書は誰のもの?銀行
 のもの?税務署のもの?
 それとも・・・(6/9
)

 社員には長く勤めてもらお
 う。これがサービスの基本!

           (4/29)


 営業で成功したいなら、まず
 商品に精通しよう(1/9
)


 アウトソーシングをやめて、経理は
 自前でやろう!(11/28
)


 起業の目的は「社会貢献」
 でも・・・・(10/13)
   



職員 BLOG 







便利なリンク集



相談無料、随時OK! 
03-5952-0313
メールでのお問合せはこちら

このページのトップヘ
  所得拡大促進税制の適用法人の範囲が拡大。26年度税制改正

  不動産業で簡易課税選択なら、26年9月30日までの提出が有利

  平成27年3月期から、交際費は800万円まで全額損金算入へ

  消費税率引き上げについて、3月・4月の経理処理に注意しよう

  給与を5%I以上増額すると法人税が10%減る。25年度税制改正

  認定税理士からアドバイスを受けると税額が減る!25年度税制改正

  復興特別所得税は、利子や配当にも。25年1月以降復興税の計算は?
 
Q&A
みなさまから頂いたご相談に、Q&Aでお答えします。
 Q&A一覧はこちら
 
 Q 備品類を買い込んで節税をしたいと思います。本当に得?2014.8.18

 Q 給与の締日は、20日と月末とではどちらが良いですか?2014.7.21

 Q 消費税8%改定の通知は必要?通知の雛形はありますか?2014..2.22

 Q 融資担当者が決算書を預ってもくれません。どこが悪いの?2013.12.17

 Q 貸借対照表に「貸付金」があるために、融資を断られました 2013.10.13 

 
Q 銀行から「資金繰り表」を要求されました。資金繰り表って?2013.8.15

 Q 定款に記載がない発起人報酬は、損金になりますか?2013.6.30


 お役立ち情報
 電子申告など、実務に直接役立つ情報です。 
 
   これは便利!電子申告をやってみよう 

   SaaSについての基礎知識です

   役員賞与も損金になる!

   赤字法人に朗報!欠損金の繰戻還付制度が復活

   会計参与を活用して金融機関の信頼を勝ち得よう!

 実務事例集
 当事務所開業以来の実務経験の中から、
 一般的な事例を質疑応答方式でご紹介します。
 
会社設立編  設立一般 
    法人成り

税務調査編 税務調査一般
  個別事例

法人税編 法人税一般
    役員の給与と税務
    会社と役員の貸借関係
    不動産をめぐる税務 

所得税編 所得税一般 
  不動産や株を売ったときの税務

消費税編 消費税一般
  免税
  非課税
  税額控除

相続税・贈与税編 相続税一般
   個別事例
 
        
経営者の皆様へのメッセージ
 豊島区・池袋で、長く事業家の皆様とともに歩んでまいりました。これまでの経験から、皆様の会社経営の参考になりそうなテーマを選んでみました。是非お役立てください。

「両雄並び立たず?」会社経営は、まず単独で!
 友達と折半で出資して共同経営。よくあるパターンですが、果たして共同経営はうまくいくのでしょうか。不動産を共有で所有する場合と同じで、共同経営をするとどういうわけか経営者の間で問題が起こることが多いようです。会社経営を円滑に行うためには経営権を持つ人が100%出資して、全責任を負うのが理想です。
 共同経営でも夫婦の場合や、共同経営者の間に明らかな上下関係がある場合などは比較的うまくいくようですが、概して共同経営はトラブルのもとになります。起業する段階で資金的な理由から共同経営を選択することがありますが、事業には必ず利害がからむもの。慎重に考えてみる必要がありそうです。

事業を承継する方へ! 勘にたよらず、事業内容を数値化してみよう
 私にも苦い経験がありますが、事業を承継する方(二代目の方)の社内での立場は他から見るよりずっと複雑です。創業者や従業員との関係で、二代目の方の心理的な負担は想像するに難くありません。創業者の方は「勘」で経営ができましたが、二代目の方が勘に頼って事業の内容を把握することは難しいでしょう。多少時間をかけてでも毎月決算を組む体制を作って、会社の状態が毎月数字でわかるようにしてみましょう。経理をアウトソーシングするのではなく、自社で経理のしくみを作ることが大切です。事業の内容を数字で掴むことで、経営に対する自信と将来の展望が生まれます。

社員を雇用するより、外注で対応
 
「従業員数?名」と言って、事業規模が大きいことを誇っても始まりません。起業してみると従業員の管理が意外と大変なことがわかります。従業員を雇用すると給料以外に社会保険料などの負担が発生します。そればかりでなく、従業員相互の人間関係などにも気を配らなければなりません。これがけっこう負担になります。
 起業したての頃は、従業員を雇用するより完全出来高払いの外注費のウェイトを大きくするのも一つの方法のです。

固定費は黙っていても増える! 伸びている時こそ不断の固定費節減を
  起業して1年目、2年目と年を追うごとに固定費は増えていきます。固定費は、減らそうと一生懸命の努力をしても、ようやく現状を維持できるのが良いところです。
 売上が伸びているときは固定費はさほど気になりません。固定費をカバーできるだけの粗利益が取れているからです。でも、売上は伸びるばかりではありません。売上が落ちて粗利益が減ったとき、潜んでいた悪魔(固定費)が鎌首をもたげるのです。
 起業してからしばらく続いたビギナーズラックが終わったとき、会社経営は壁にぶつかります。このときに備えて、売上が伸びている時こそ、固定費削減に取り組みたいものです。

休眠会社を買い取って起業−これは危険!
 軽いノリで友達の休眠会社を安く買い取って起業。この安上がりで一見合理的な方法には大きな落とし穴が!休眠会社の買取りには危険がいっぱい。もし休眠会社に簿外債務(帳簿に載っていない隠れた借金)があったらどうしますか。考えただけでゾッとしませんか?仮に簿外債務がなくても、銀行などから融資を受けようとするとき、休眠会社を買い取ったというだけで融資を断られてしまいます。今は資本金1円でも会社を設立できる時代です。手垢のついていないきれいな会社で新規事業をスタートさせましょう。休眠会社の買取り?やってはいけません。

節税は諸刃の剣? 行き過ぎた節税には思わぬ副作用が
 税金は事業を行った結果生じるもの。税金は「結果」であって「目的」ではありません。節税ばかりに眼を奪われて事業の本質を見失わないで!節税のために多額の保険に入ったら資金繰りが悪化。やむを得ず解約したら解約返戻金が課税対象に。節税が目的で翌期分の家賃を1年分前払したら、中途で会社が引越すことになって前払分の家賃を返す、返さないで家主さんとトラブルに。視野の狭い節税対策はトラブルのもと。会社のためになりません。

保険には必要な額だけ加入しよう
 事業にはリスクがつきもの。中小企業は社長でもっているようなもの。良くも悪くもこれが現実です。
 「社長に万一のことがあったら・・・」?そう考えると会社が社長に保険を掛けることはとても大切です。でも気を付けて!必要のない保険に入る必要はありません。余計な保険に入ると会社の資金繰りを悪化させるだけになってしまいます。
 保険は料金が安くて保証が大きい定期保険(掛け捨て保険)で。適正額は<会社の借入金残高+6か月分の固定費>です。

運転資金はどのくらいまで借りてよいのだろう?
 借入はできればしないで済ませたいもの。でも現実にはそうはいきません。社長に自己資金があればわざわざ銀行から借入をしなくても、自分お金を会社に貸せば良いのです。これが一番安全な方法です。社長からの借入は資本と同じと考えることができるからです。
 ところで、やむを得ず銀行から運転資金を借りる場合、どのくらいが限度になるのでしょうか。業種や、売掛金のサイトなどの条件によって一概には言えませんが、経験則から凡そ月商(1月の売上高)の2倍程度が眼度、4倍を超えると借りすぎというところが目安です。


 起業することは、人生にとって重大な選択のひとつです。起業して会社を経営すると色々な問題が起こります。起業は決して楽しいことばかりでは
ありません。起業には資金繰りや債権の回収、さらに従業員との問題など、様々な問題がつきものです。これらの問題は起業するとすぐに発生します。
私たち専門家は、経営者の皆様の<起業から経営ビジョン達成まで>を、豊富な経験と専門知識でサポートします。

対応地域について
  当会計事務所では、お客様とインターネット会計を利用して会計データの送受信を行います。また、法人税・消費税・所得税などの申告書の提出も、全て電子申告(e-Tax)を活用しています。インターネット会計と電子申告を利用することで、関東エリア以外のお客様からご依頼をいただく起業や経営に関する多様なご相談にも迅速に対応できる体制をとっています。近年の通信技術の発達により、東京・神奈川・千葉など関東圏以外のお客様とも十分なコミュニケーションを維持することができるようになりました。愛知県や奈良県に本店があるお客様や、富山県・北海道などに支店をお持ちの客様にも、地域的な距離を感じない充実したサービスを提供させていただいています。
このページのトップヘ

 永井格税理士・会計事務所  東京都豊島区東池袋1-17-3-706 TEL:03-5952-0313
 Copyright 2009-2011 By ながい いたる税理・会計事務所 All Rights Reserved